ロゴ
HOME>レビュー>下肢静脈瘤は手術で治そう【足の血管が浮き出る病気の改善法】

下肢静脈瘤は手術で治そう【足の血管が浮き出る病気の改善法】

下肢静脈瘤

脚の静脈が目立つようになり、疲れやむくみが顕著になっているなら、下肢静脈瘤を発症している可能性があります。どういった手術を受けて治療に取り組むのか、口コミから探ってみましょう。

この話題の口コミ

レーザーを使った手術方法で治していきました(50代 女性)

浴室で身体を洗っている時に、足の血管が浮かび上がっている事に気付いたのですが、これは加齢が原因だろうと放置していました。その足の血管の膨らみは時が経つごとに大きくなっていき、足の倦怠感や痛みが辛く感じて、近くにある病院で治療を受ける事になりました。自分が下肢静脈瘤を発症している事が分かり、この病気は放置していると症状が悪化していくので、大急ぎで治すために利用したのがレーザー治療です。血管の一部を焼くだけで症状が改善されるので、足の傷が目立たないところも助かりますし、手術を終えてから歩けなくなる心配もありません。レーザーを照射した跡形は数ヶ月で消えてくれたおかげで、旅行先で恥をかく事もありませんでしたし、痛みが残る事もないです。

血管の中にある壁を焼くという方法で行う手術を受けました(40代 女性)

ふくらはぎの血管が太くなった状態を放置していたせいで、足に強い痛みを感じるようになって、下肢静脈瘤の手術を急いで受ける事となりました。血管の中にある壁が邪魔になっているのが、下肢静脈瘤の原因だと分かったので、その壁を取り除く手術で対処しました。壁を除去する際に大量に出血しないか心配でしたが、想像していたより簡単に治療は終わりましたし、手術をした部分が変色する事もありません。治療を受けたと一目では分からないほど、皮膚の見た目が綺麗な状態で治療が終わって、痛みも感じなければ歩行に支障もないです。これだけ短時間で治療が終わるのなら、下肢静脈瘤が再発するような事があっても、足のダメージを気にせずに手術をお願いできます。